最近の記事
押すなよ?絶対に押すなよ?! FC2 Blog Ranking

2007年07月04日

前にじいちゃんから聞いた戦後直後の話

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:26:01.59 ID:Wwy8PXPd0
じいちゃんは、通信兵

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:37:18.56 ID:Wwy8PXPd0
すまん、まちがってエンターおした

じいちゃんは、通信兵(?)だったらしい。
満州に配属されていて、うそかほんとか知らんが
ゼロ戦へ送る最後の通信とかもしてたらしい。


満州から引き揚げてきて、福岡だか下関についたらしい
家は北海道だったが、当然交通網はズタズタで、線路ぞいに歩いて
とりあえず東京に向うことにした。


その当時の原爆の情報ことについて訊いてみると
「広島と長崎になんかすごい爆弾が落ちたことは聴いていた」といった。

じいちゃんはその帰路の途中、広島の街を目の当たりすることになる。
俺の問いにじいちゃんは「とにかく今まで見てきた光景で一番悲惨だった
とだけ答え、その光景を思い出したのか、それ以上は何も話さなかった。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:38:47.09 ID:iOodwxRB0
お前のじいちゃんの何が凄いかって九州から東京まで歩いてこうって考えた所が凄い

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:41:09.83 ID:Wwy8PXPd0
>>5
いや、ホントに交通手段(金もか?)がなかったらしい
東京からは、汽車で帰ったって言ってた

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:41:52.67 ID:Wwy8PXPd0
よく考えたら「戦後直後」ってなんかヘンだな

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:43:36.20 ID:DciMmOqv0
まぁ震災の時でも尼崎より西へはゲンチャやチャリ以外は歩いて行くしかなかったからな。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:48:13.34 ID:ZqJJAQFZO
>>1俺のじいちゃんも満州に配属されてたよ。階級は軍曹らしい。

終戦して同じ船で帰って来たろうから、もしかしたら俺のじいちゃんも知り合いやったかもな。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 02:56:05.33 ID:Wwy8PXPd0
>>9
顔見知りだったらおもしろいな

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:00:57.18 ID:ZqJJAQFZO
>>1のじいちゃんが通信兵やったんなら下士官やったウチのじいちゃんも関わる事が有ったかも知れないね。

煙草くらい分け合ってたかもなぁ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:03:07.88 ID:Wwy8PXPd0
俺、軍の階級ってよくわからんのだが
通信兵って、どんな奴がなるんだ?

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:04:55.96 ID:tDybsl7k0
俺のジーチャンも満州行ってたってさ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:05:52.25 ID:LAhl/JF20
まず
命を懸けて祖国の為に戦った>>1,>>9の祖父に敬礼

>>1の話は>>4で終わりなの?

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:11:40.73 ID:Wwy8PXPd0
>>14
そのあとは、東京から汽車で無事北海道まで帰って
ばあちゃんがお針子さん(?)やってる間、勉強して営林署に入った。
本当は大学行きたかったんだけど、金がなかったんだって
だから、東京で赤門みたときは「くやしいなぁ」っておもったらしい

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:12:24.58 ID:ZqJJAQFZO
>>14ありがとう。もうじいちゃん死んじゃったから、その気持ちがちょっと嬉しいw

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:28:26.26 ID:LAhl/JF20
>>17
なるほど
うちは両親とも北海道出身なんだけど、父方の祖父が終戦少し前に海軍にいたみたい。ちなみに満州にいってる

>>18
亡くなられてるのか。うちの祖父も他界してる
将棋でもやってるかもなw

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:32:57.31 ID:ZqJJAQFZO
>>27かもねw勝ち負けはハッキリさせる人やったから喧嘩になってっかもなw


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:08:38.01 ID:ZqJJAQFZO
俺もよく解らんが、軍曹は非常時等に小隊を指揮出来る権限はあったらしい。通信兵は指示を受けなけりゃいけないから、少なくとも軍曹よりは下になっちゃうんじゃないかな?

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/07/04(水) 03:08:52.93 ID:kiIdNXWI0
俺のじーさん原爆喰らったよ。初陣で。
でも国からかねもらえない。広島の人間じゃなかったから。
しょうがない発言も許してしまう今日この頃

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:12:24.59 ID:LAhl/JF20
>>16
>しょうがない発言
あの人、長崎の人なのね
もう地元帰れないんじゃなかろうか

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:15:51.21 ID:Wwy8PXPd0
俺の話はこれでおしまい。

まあ、みんなじいちゃん生きてたら戦争の話きいてみるといいよ。
どんな歴史の教科書よりも、生々しくて、なにかが心に残るとおもう。

ほんじゃな、おやすみノシ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:23:22.01 ID:NmVPuCEwO
もれのじいちゃんの兄貴が衛生兵長として死んだ
遠くの南の島で亡くなり、遺体も無事帰ってきたのかも聞かされてない

毎年墓参りに行くんだが、その墓は一際大きく、星の印が彫ってある



当時今の俺よりわかかったそうなのになぁ…
戦争ってもんはなぁ…

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:23:22.41 ID:tDybsl7k0
ジーチャン片足なかったな

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:24:44.33 ID:7vEc7Hne0
俺のじいさんは憲兵だったらしいけど
あんま戦地行ってなくて結構気楽だったらしいよ
規則規律は厳しかったけど命に関わるような事は全く無かったってさ
原爆についても「大変だったらしいな」みたいに他人事感覚だったよ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:25:51.31 ID:tv1ESEGk0
俺のじいちゃんは戦時中時計屋だったって言ってた。
それで細かい作業の経験から広島だか山口だったか、そこらへんの飛行機整備に徴兵?されたって。
戦場には行ってないと言ってた。
この話を聞いてみたときじいちゃんはかなり耳が遠くなってて詳しく話を聞けなかった。
先月亡くなったじいちゃん。もっといっぱい話すればよかったよ。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:27:42.19 ID:ZqJJAQFZO
何度かじいちゃんに戦争の話を聞いてみたんだが、大和を見たとか、そこに見える〇〇島にゼロ戦の秘密滑走路があった、とかで戦時中じいちゃんは兵隊としてどんな風に暮らしていたのか、なんて事はほとんど話してくれなかったな。

ただ一方的に赤紙きて国の為に死ねって言われるのがムカつくから志願したらしい。

俺も寝るわ

元気でな俺のじいちゃんの戦友の孫よ

おやすみ ノシ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:30:00.25 ID:gWoqOSpAO
俺のじーちゃんは三菱で零戦つくってた
明日から移動が決まってた移動先の工場が爆撃され移動が中止になったこともあったらしい
今でも機銃掃射される夢みて夜中起きるそう

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:33:50.17 ID:kliVfmefO
うちの祖父さんは教師だったから、海軍に徴兵されても楽な所に次々回されたって言ってた。開戦前だったし、海軍は楽しいとこだっていうのをこどもに宣伝させるためらしい。潜水艦にも体験入隊みたいな感じで乗ったらしい。
体育教師だったからシゴキに耐性があったのかもしれんが。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:34:40.39 ID:vsI3X5Jt0
俺の祖母ちゃんも満州に行った
曽祖父が満州での指導員でそれに付き添って行ったらしい
満州から引き上げて、東京に戻ったら焼き野原だったって
それから青森までぎゅうぎゅうの列車に乗って帰ってきたって

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:37:09.16 ID:66cenrzOO
みんなじーちゃんからいろんな話聞いてるみたいでウラヤマシス(´・ω・)

父方のじーちゃんは俺が産まれた時には亡くなってたし、母方のじーちゃんは俺がまだ消防でそんな話を聞きたいと思うより先に亡くなってしまった。


親が転勤族だったから会えるのは毎年盆正月の帰省のとき。

じーちゃん亡くなるときに、俺に会いたいって人目憚らず号泣したって話を聞いて、子供ながらに凄く後悔したのを覚えてる。


まだじーちゃんばーちゃんが健在な人は俺の分まで孝行してやってくれ。


スレチ&長文すまんかった

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:41:26.71 ID:tDybsl7k0
>>32
そういう気持ちが一番大切だから。
親族の歴史をなるべく聞いて置けよ


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:40:59.25 ID:zrVa4Jau0
俺のじぃさん、ボンボンだったから
楽な所安全な所ばっか回されて結局敵兵に襲われたり
敵兵を撃ったりとかは全く無かったんだって
地獄の沙汰も金次第とは言ったもんだな

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:43:21.33 ID:kliVfmefO
うちの母方の祖父母はいまだに色々当時のネタが出て来る
・祖父さんは大学時代グライダー部だった
・祖父さんは仕送りの寮費を使い込んでギターを買っていた
・祖母さんの祖父母はハワイからの出戻りだった(俺がこどもの頃使ってた枕はそのとき、ざっと90年くらい前のもの)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:52:08.18 ID:aaCPcsyIO
今北

うちのじーちゃんは町役場に勤めてたらしいんだが神風に志願したらしいんだが出撃予定日は1945年8月17日だったそうな。

その後、警察予備隊を経て陸自でメディックの先駆けみたいなのしてたらしいんだが当時のクラウンに釣られて帰郷ww

今に至るwwww

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:10:14.32 ID:suGTWmaT0
>>40のじーちゃんよく志願したな。

うちのじーちゃんは撃たれたらしく片足不自由だった。


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:52:56.38 ID:EE7th+RN0
うちのじいちゃん85で健在だが
だいぶ認知症が・・・


早くに聞いておくべきだった・・・

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:54:38.66 ID:YTWA0y5+O
うちのばぁちゃんも満州にいたらしい。
交戦中は銃もたされて 戦ったらしくて相手の弾が足を貫通してうづくまってたところを軍犬つれた日本兵が見つけたらしい。
戦後は金を稼ぐためにしばらく満州で中国人相手に店を出してて騙されたこともたまにあったらしい、腰には常にピストルをさしてたっていってた。
んでソ連の軍隊が町に来た時中国人が急いで教えてくれて三日三晩飲まず食わず屋根裏に隠れててソ連の軍は家の戸を蹴って中を機関銃でぶっぱなしまくるとゆーことを町中でやってたらしい。
引き上げる金が貯まって帰ることにしたらしいが朝鮮をよった時はホントに虐められたといっていた。
銃をもって戦わされたことは今でもトラウマらしい。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:57:08.18 ID:EE7th+RN0
>>42
生きるためとはいえ
何で殺したくも無い人に
銃口を向けなくちゃいけないのか
葛藤が深かったと思うよ
おばあちゃんを大切にな・・・


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:55:00.30 ID:E+ww24ld0
俺のじーちゃん(母方)の弟は特攻で亡くなった英雄だ。めちゃめちゃ誇りに思ってる

俺のじーちゃん(父方)の弟は樺太かどっかで現地人から酒を強奪しに行くと行ったまま行方不明だ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:58:00.69 ID:tDybsl7k0
>>44
のジーチャン(父方)(´;ω;`)ブワッ

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:01:27.76 ID:E+ww24ld0
>>49
俺としては父方のじーちゃんの方が愛着が持てていいけどなwwwその話を聞いてなんだか嬉しくなったのを覚えてる

母方はちょっと俺とはかけはなれすぎてるwww


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:55:46.10 ID:6tgDs5vhO
これは良スレ

自分が影も形もない時に、おじいちゃんやおばあちゃんは生きていたんだ。
そう思うとすげー興奮する

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 03:58:13.69 ID:CLaZFVGI0
うちのじーちゃんはまだ元気
戦時中は、身体が弱かったせいで武器工場とかで働いていたらしい
今でも、そのことがすごい恥ずかしくて、くやしいって言ってる

最近会うことも少なくなってきたし、足腰もだいぶキてるらしいから
お盆にはいっぱい話しよう

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:01:01.23 ID:DciMmOqv0
お墓に縦に長くて先の尖った墓石があるけど、
あれって戦死した人のお墓なんだよね?

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:03:14.12 ID:wOKCsaLU0
うちのじいちゃんも満州に行ってた
熱病かなんかに罹って、自分で歩けない状態になったんだけど
友達がおぶってくれたので日本に戻ってこれたって言ってた


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:06:52.46 ID:yoLwqY8H0
>>58
ウチのもう一人の爺さんとお前の爺さんは友達の可能性がある・・・

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:15:07.83 ID:wOKCsaLU0
>>65
おじいさんは陸軍だった人?

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:45:58.89 ID:yoLwqY8H0
>>71
いえす。まぁ違う人だろうけどね。
当時の行軍は歩けなくなった人間はほっとかれていて
現地の熱病にかかった友人がだんだん遅れていったから
負ぶって行ったみたい。
負ぶって行軍すると共倒れになる事が多いとのことで上官に
「死ぬ覚悟があるなら許可する」って許されたらしい。

その友人からはたいそう感謝されたそうな。

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:50:28.08 ID:LAhl/JF20
>>84
戦友は真友ってのも、うなずける。

てか闇雲に禁止する訳じゃなく
「死ぬ覚悟があるなら許可する」
とした上官も理解があると思た

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:58:45.58 ID:yoLwqY8H0
>>85
でも隊内の誰かがいつも上官に渡す饅頭を食って
犯人が分からないから連帯責任で毎回ブン殴られてたらしいぞwwwww

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:01:21.05 ID:LAhl/JF20
>>88
中学生の時の先輩後輩のやり取りを思い出してしまった。。


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/07/04(水) 04:03:34.72 ID:hB+tZbXoO
祖母の兄弟は6人兄弟だったらしい(祖母以外の5人は男)がそのうち4人は戦死らしいぜ。
なんだかなぁ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:04:48.52 ID:E+ww24ld0
>>59
誇りに思えよ

お前は英雄の孫だぞ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:06:05.63 ID:DciMmOqv0
>>59
自分が生まれてこれた事を感謝しないとな。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:13:40.37 ID:LAhl/JF20
>>64
祖父祖母の時代が戦時中なので、少なくとも俺が産まれるのには
・親父
・おふくろ
・親父の親父
・親父のおふくろ
・おふくろの親父
・おふくろのおふくろ
六人が必要な訳だ
一人でも死んでたら俺は存在しない訳だ

自分の現状みると、申し訳ない気持ちになるわ。。


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:05:17.47 ID:LAhl/JF20
俺のは伯父からの又聞きなんだなぁ、残念ながら
祖父と直接話す事はあまり無かった、というか一回もないかもしれん
寡黙な人だったし。後悔役に立たずだな、、

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/07/04(水) 04:25:57.01 ID:OWcmtTTuO
うちのジイチャンは
広島の原爆落ちてスグ衛生兵として
現地入りしたらしい

人生の後半はなんか原因不明ないろんな病気してた
その孫ですが何か(`・ω・´)

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:32:27.26 ID:SejZnYQv0
>>1
実際のところゼロ戦に取り付けられてた通信機械はほとんど使い物にならなかったらすぃ。
手旗信号でと肉眼でよろしくやってたそうだ。

うちのじいさんは大阪で対空砲?のようなものをうってたらしい。
アメリカンの飛行機が高高度で飛ぶから、まったく届かなくてよく見方に誤(ry

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:45:40.52 ID:tDybsl7k0
えらいよなぁ・・・みんな・・・

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 04:57:15.91 ID:VnbFh7uVO
去年の12月に亡くなった親戚が元帝國陸軍大尉だったらしい

葬式で知った
知ってたら色々話を聞いたのにorz

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:16:31.49 ID:NC6YzYdwO

うちのじーちゃんは九州で零戦の翼の設計やってたって言ってた
ソコの寮で上官の下着が綺麗だから自分達にも配給してくれって言って竹の鞭でシコタマしばかれたって鬼の形相で話してたの思い出した

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 06:14:52.20 ID:7aB4+U9dO
>>92
零戦の設計っておまえのじいちゃん相当頭いいな
東京帝國大学?

俺のじいちゃん戦車兵だったらしくて、多分砲撃手だったぽく
「アメ公吹っ飛ばしてやったぜダハハハハ」とか爆笑してたな
肺ガンで死んじゃったが

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 06:29:41.69 ID:NC6YzYdwO
>>105
すません 母方のじーちゃんで地元には居なくて東京にいますんでて子供の頃から年に2〜3回しか会えなくて詳しい話は聞いたことないでつ
戦後は無一文になって死に物狂いに働いて街金をやって地元の嫁さん(母方のばーちゃん)をほっといて愛人つくってビル建ててっていう 孫の私も良く解らない人なもんでおっぱいもみたい


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:36:22.78 ID:yFfo9ixY0
誰にも聞かれないが詳しく書く。

いじめている奴らの後ろから当らないように木に弾を撃ち
「これから先どこから撃たれるか分からんぞ。」
と言い、いじめを止めたそうだ。

戦中は復讐されてもうやむやになっただろうからなあ・・・

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:46:10.71 ID:LAhl/JF20
>>94
かっこいい

今のゆとりにそれをやると、PTSDになったので謝罪と賠償ニダとか
言われそうだ。

犠牲になってくれた人たちに、
「あなたたちの尊い犠牲のお陰で、今の我々はこんなに幸せな生活が出来ています」
って、言えない。

戦中、戦後の方達に言えない

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:49:35.21 ID:3hC5+11g0
いいなぁ、俺もじいちゃんが生きてる間にそんな話聞きたかったぜ


じいちゃん達が必死で守った日本が今じゃこんな悲惨な状況なんて
申し訳なさ過ぎる

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:53:41.49 ID:LAhl/JF20
>>96
戦中もそうなんですが、戦後、ボロクソになった日本を立て直してくれた世代の方にも感謝してます

戦後直の人たちって、未来を見て自分の事をあきらめてくれた世代だとおもう


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:52:41.80 ID:U1xVU5UnO
じいちゃんのじいちゃんが戦艦大和に乗っててそこで死んだって聞いた。

俺全然関係無いけど男達の大和見てる時じいちゃん泣いてた

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 05:59:46.57 ID:U27gj2SH0
俺のじいちゃんは江田島の兵学校で人間魚雷の訓練中に終戦
広島の「片付け」に参加したらしいが、詳しくはきいたことないな。
その後事業に2回失敗して先祖代々の土地をあぼーんしてしもた

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 06:05:14.42 ID:Gg4J4rJIO
俺のじいちゃんは機関銃の給弾手だったらしい。
弾詰まった鞄持って歩くのは想像以上に重くてキツイらしいよ
戦闘が始まったら射手の横で次の弾帯持って待機して、弾が切れたら次の弾帯渡すんだって。

……聞いた時は正直地味過ぎだと思った……

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 06:23:29.82 ID:LAhl/JF20
>>103
おまいの祖父が居なければ、玉切れで死ぬ人たいただろう
その人の子孫が俺かもしれん

俺は愛国心はあるけど、自分が傷つくのが怖くて仕方が無いカスだと自覚してる
歴戦の勇者の話がでると、憧れるが、真似は出来んとも思う。


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 06:05:29.78 ID:ZI1URoGO0
俺のじいちゃん満州で鉄道沿いの警備してたとか言ってた。
割と近くの区域に731がいたとかなんだとか。隊で普通に診療受けてたそうなんだがじいちゃんの記憶も正しいんだかどうなんだか

俺のじいちゃん8人兄弟の3番目で、歳を一年誤魔化して志願したってさ
東北の貧村だから弟妹の日々の飯の為にも行くしかないと思ったんだと。
なんか最初の試験だかなんだかが良くて上等兵だったとか言ってた。
地元周辺から編成された100人くらいの中で5人程度だとかなんだとか。  まあ、その中で生きて帰ってきたのは30数人なんだそうだけどな

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 06:15:38.91 ID:d+9wS2QtO
俺のじいちゃんは神風特攻隊だったらしい。
自分の順番がくる前に戦争が終わったらしいけど戦争が長引いて、もしじいちゃんが特攻してたら今の俺は存在しなかったんだな…

そんなじいちゃんが今日久しぶりに夢にでてきてなんかうれしかった。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 06:15:39.03 ID:Vkkiu88EO
ウチの爺ちゃんは戦争に行くと決まったあとに終戦したから結局行かなかったって言ってたな
あと俺の友達の爺さんだかが金持ちだったらしく終戦後土地没収されたとか言ってたな。
多分嘘だろうけどw

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/07/04(水) 06:21:40.29 ID:bPX1HAdvO
>>108
うちの母方のばあちゃんもお付きの人がいたくらい金持ちだったらしいが、土地やらを没収されたっていってたな。実際はどうかわかんないけど

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:01:56.30 ID:B2ocMcBuO
いいスレだな

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:12:50.01 ID:yFfo9ixY0
もうひとつ思い出した。
ばーちゃんの兄弟の話になるが、米兵に追われていて
どうしようかって時に味方の死体の山があってその下に潜り込み
息を潜めて助かったらしい。

すごい恐怖だったろうなー

小さい時にしか会ったことは無かったが、いいじいさんだった。
片足はなくしていて、なんとなく怖かったがやさしかった。

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:15:13.37 ID:+LzaCKS90
場所が場所なだけに南方から帰ってきた人は少ないのな


ウチんとこはサイパムか比島上陸速攻で負傷して

鹿児島かどっかで入院してそのまま終戦を迎えたとか


ちなみにそのウチのじーちゃんが所属していた隊は全滅ー……

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:25:39.69 ID:ypWJiz+8O
俺の実家の近所に米の爆撃機が山に引っ掛かって墜ちたらしい。
ばーちゃんが畑仕事してたら、生き残りのパイロットが薮から出て来て南瓜盗んで行ったと言っていた。

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:28:40.19 ID:EWnHedHLO
>>132
まぁパイロットの心境察する…
怖かったろうな
敵地で一人 しかも襲ってくる空腹とか

ヤバ、想像しただけでこぇぇ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:34:56.19 ID:ypWJiz+8O
>134
因み山狩りが2回程あって当時の人の話しを総合するとパイロットは…

まぁ農器具だって撲殺くらいできるし、刀とか持ってる家も結構あったみたいだしね!


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:29:53.86 ID:qIQ2GNv7O
俺のじいちゃんすげー波瀾万丈。

山を3つ所有してる大豪邸に生まれる。戦争中は米に全く困らなかったらしい。
じいちゃんの兄貴二人は神風特攻隊で亡くなったものの(鹿児島)、ぶじ終戦を迎える。
明治大学に入学、甲子園にキャッチャーで出場したことも。
そしておばあちゃんと結婚。おばあちゃんもまた上海の大豪邸でくらしてた大富豪。
しかし友人に騙され連帯保証人になり、多額の借金を強いられる事に。
土地屋敷ほとんどを手放し、転職に転職を重ねること80数回。
ホテルの支店長まで上り詰めるが、昔やってた不動産屋で落ち着くことに。
ホテルや不動産屋で知り合った小指の無い方々ともお友達になってた。

そして去年大往生された。末期ガンだったらしい。

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:31:03.10 ID:DKVCHET4O
うちの爺は戦争行って一番何が嫌だったか聞いたら
持ち物や身体検査だかで全裸にされて検査受けさせられたのが最悪だったらしい

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:31:25.28 ID:5MlcsqBwO
うちのじいちゃんは川崎に配置されたらしい。
少尉さんで、主な仕事は食料庫の当番。
親切な地元の人が今日つった魚とかをわけてくれたりで、あのご時世で食べ物に困ったことは1日もなかったというwww
でも最初の真珠湾攻撃に行ったりもしたそうだが。

そんなじいちゃんがしんでもう15年になる。
まだ俺が小さかったから覚えてないのだが、棺を焼く時に戦友が「お世話になったから」と、
戦後隠し持って逃げた日の丸の国旗を棺に被して焼いたらしい。


戦後は日本の旗とかそういうの全てアメ公に取られたりして持ち逃げるなんて大変な事だったらしいが、
それを被せて焼いたとは、じいちゃんの人望みたいのを垣間見た気がした。

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:34:09.47 ID:xOXoQ3iGO
みんなのじいちゃんすげえな
俺のじいちゃんなんて目悪くて戦争に参加出来なかったらしいw
でも気球に乗って敵を見たとか言ってたが・・・


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/07/04(水) 07:28:29.71 ID:hXM0AoQP0
うちのじいちゃんは、陸軍の整備兵だったらしい。じいちゃんが整備すれば、
どんな車輌でも必ず調子が良くなるって言われるほどの技量だったようだ。

終戦間際には、爆撃機の搭乗員に転科したとのこと。

じいちゃんの技術の片鱗は、湯呑みに釘と金槌で穴を空けて風鈴にした
り、半田小手が無い場所で、ガスコンロの上で半田つけしたことなんかで、
見せてもらったよ。


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:47:04.69 ID:2jlo47yu0
うちの故じいちゃんは朝鮮に行ったって。
流れ弾に当たって片方の薬指の第2間接から上が飛んでしまった。

食料不足で野良犬野良猫食べたゆうてた。
じいちゃん曰く、「赤犬はうまい、猫は中まで毛だらけで食えん。」とな。。。

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:50:25.04 ID:U+xWSKG5O
うちのじいさんは軍医で相手の飛行機に撃たれたときにいきなりじいさんに兵隊がのしかかってきて「あなたは生きて下さい」って言われたらしい。そしてその兵隊さんは弾に当たって亡くなったらしい。その兵隊さんがいなかったらオレは存在してないんだよなぁ…
携帯から長文失礼。

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 07:58:18.22 ID:oWs7+p0KO
うちのじい様の親と兄弟はみんな原爆で死んじゃったそうだ
本人はどこか別のところで作業しに行ってたから無事だった
原爆が落ちたあとで熱が冷めてから探しに行ったが見つからなかった
とりあえず母親がいたはずの家に行ったけど跡形ものこってない…

きっと体も骨もみんな溶けちゃったんだろうって言ってた

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 08:06:21.07 ID:vdqbICfLO
俺のひぃじいちゃんは 満州に行ってて ロシアの大軍が攻めてきて
捕まって捕虜にされた
捕虜にされてからは 1日パン一個で極寒のシベリアで鉄道を作らされていたみたい
ひぃじいちゃんは体が丈夫だったから 大丈夫だったみたいだけど 友達とかは生活が過酷すぎて死んでたみたい

何年だったかは忘れたけど ロシアに解放されて 日本に帰ってこれた

そのひぃじいちゃんは痴呆になって 数年前に老死した

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 08:18:52.06 ID:gDxqXHOCO
うちのジーチャンは海軍にいたらしくて、『霞』とかいう駆逐艦に乗ってたらしい。
そんときジーチャンは一番下っ端の海兵だったらしく、すごくつらい目にあったんだとか。
んで、フィリピンかどっかの東南アジアの島で食ったバナナがうまかったな〜ってよく言ってたよ。


今年で85になるんだが、まだまだ元気に田んぼやってるよ(;´∀`)
もっと長生きしてもらいたいな。

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 09:12:19.86 ID:4U7gB4niO
中途半端にボケたじっちゃんから聞いた話では、じっちゃんは首狩り族と会ったり虎と戦ったりしたらしい

ばあちゃんは広島の原爆が落ちた後広島に行った看護婦、被爆したが今でも元気

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/04(水) 09:21:37.30 ID:qBNg3ncaO
うちの亡くなったじいちゃんはシベリアに抑留されてたみたいだ
戦争の話はあまりしたがらなかったし、聞いても答えてくれなかった
昭和天皇が崩御の時に写真やら本やらたくさん買ってて変に思ってたけど、みんなの話読んでると極限下の中命を懸けて生き抜くには「天皇陛下のため、日本のため」って思わなきゃやってられなかったのかな…とも思う
戦争を美化するつもりはないけど、オレ達はじいちゃん達が命をかけて戦ってくれたから存在するんだって強く思う

靖国神社を韓国や中国にあれこれ言われるのはやっぱり許せないな

http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1183483561/
この記事へのコメント
俺の爺さんはガダルカナルで米軍に火炎放射機で焼き殺された
Posted by 0 at 2007年07月04日 12:48
俺の母方の祖父も通信兵で満州に。でも戦闘もしたらしく、一緒に風呂入ると肩に弾の跡があった。
自分は運がいい、南方に送られた友達はみんな死んだって言ってた。
戦後は電電公社(現NTT)で働いて子供二人大学に入れて7年前に脳卒中で亡くなった。
あの戦争で亡くなられた全ての方に、心から哀悼の意を表します。
Posted by 平和な国の学生 at 2007年07月04日 12:53
俺の大叔父は山本五十六の付き人だったらしい
ご飯の時に直立で横についとくような下っ端だったらしいけど
優しい人だったんだって、山本五十六
Posted by at 2007年07月04日 12:59
爺さん軍医の卵?だったらしいが、広島のキノコ雲を見たそうだ。
今でもあの光景は忘れないと・・・。

爺さんは今でも元気に眼科医をしてるっけな
Posted by at 2007年07月04日 13:00
爺さん軍医の卵?だったらしいが、広島のキノコ雲を見たそうだ。
今でもあの光景は忘れないと・・・。

爺さんは今でも元気に眼科医をしてるっけな
Posted by ななし at 2007年07月04日 13:04
あーあと大和にも乗ったって誇らしげに語ってたな
勉強のためにすぐ下りたらしいけど
Posted by at 2007年07月04日 13:04
俺のばあちゃんが「日本はアメリカから国を買った」といっていたがこれは真相?


じいちゃんは俺が6くらいの頃に亡くなった。顔はおぼろげにしか覚えていない。でもじいちゃんは何か病気だかなんかで戦争行かなかったらしい。ばあちゃんが言ってた。

乱文スマソ
Posted by at 2007年07月04日 13:07
戦争が美しい物に見えてきてしまうけど
それはダメなんだよな
勇士たちに敬意を表して二度としないことを誓おう
Posted by at 2007年07月04日 13:10
じいちゃん、召集前に鹿児島沖で漁してたらグラマンに機銃掃射されかけたらしい。
隣の船はやられて、それが若干トラウマみたい。
Posted by   at 2007年07月04日 13:22
うちのじーちゃんは戦車隊?とかで広島にいったことがあるらしい…。被爆しなかったからよかったけどガクブルだわ…。
じーちゃんの兄貴は大陸で大砲にぶち当たったらしくて、伝家の刀しか返ってこなかったらしい…。今でも刀倉庫にあるとかないとか・・。(じーちゃん(次男)は新しく購入したサーベルを使ってたとか)
Posted by ななし。 at 2007年07月04日 13:25
 戦争が美しいんじゃなくて必死に戦って色んなものを守ってくれたじいちゃんたちが美しいんだよな。ありがとう。
Posted by at 2007年07月04日 13:31
父方、母方の両方の祖叔父一人ずつ零戦パイロットだったんだが、
戦死したらしい
詳しい話も聞けないよ
母方の祖叔父の一人に陸軍の輸送機パイロットがいて、
その人には詳しい話いろいろ聞いた
敵機に会ったことはないかと聞いたら、
会った奴はみんな死んでったよと言ってた
輸送機じゃ武装もないからね
終戦間際には輸送機隊からも特攻志願が出たらしいが、
その祖叔父は輸送機乗りでいることに誇りを持ってたから、
何を言われても志願しなかったらしい
ちなみにオレの祖父は一人は銀行員、もう一人は教員で徴兵されなかった
Posted by at 2007年07月04日 13:32
↑今部隊名思い出したが、南方航空輸送部という部隊だったらしい
元々は民間機のパイロットだと聞いた
Posted by at 2007年07月04日 13:38
戦争の記憶が風化しないうちに伝える…って言うけどもう手遅れかもな
将官クラスの人はもうほとんどいなくなってるもの
Posted by at 2007年07月04日 13:49
>>19
長崎の人だからあの発言が出たんじゃないか
Posted by at 2007年07月04日 13:59
英霊達に敬礼
Posted by   at 2007年07月04日 14:07
とてもとてもいい話だが、「後悔役に立たず」が気になってしまってそれどころじゃなかった。
Posted by at 2007年07月04日 14:21
電車で(たぶん全員初対面の)じいちゃんが三人で戦争の頃の話で盛り上がってた
いい思い出かはわからんけど、その人たちの青春を感じた
Posted by at 2007年07月04日 14:58
見づらくてしょうがない
Posted by   at 2007年07月04日 15:42
うちのじいちゃんも通信兵で満州に行ってたそうだから、1や9のじいちゃんと顔見知りだったかも。
Posted by at 2007年07月04日 15:54
うちのじいちゃんは整備兵で、零戦の機械部品を担当してたらしい。

戦後は、ボルトの六角形の(角の遊びとかを含めた)規格を作ったそうな
Posted by at 2007年07月04日 15:57
俺の爺さんは体が悪くて戦争には行けなかったらしい。
戦後は友達も兄弟も死んだってのに自分だけ生きている事が悔しくて、なによりも国を守りたかったから警察予備隊に志願したそうだ。最終的に練馬の第一管区総監部に在籍していたとか。
Posted by          at 2007年07月04日 16:33
ウチの父方のじいちゃんは海軍の下っ端だったとか。
柱に油塗ってそれに長時間しがみつけと命令されて、落ちようものなら銃剣でつつかれたらしい。
父方のばあちゃんは長崎で被爆して、俺が生まれたときから入退院繰り返してて、幼稚園上がる前ぐらいに寝たきり、小学校上がったぐらいで死んじゃった。
(要するに俺は被爆三世らしい)
母方のじいちゃんとばあちゃんは満州にいたらしい、何やってたかはよく知らないけど。
母方のほうは今でも元気だから、今度あったときに詳しく聞こうかな。

今月末に現長崎市長と話す機会があるから、原爆についてどう思ってるか聞いてこようっと。
Posted by at 2007年07月04日 16:50
うちのじいちゃんは、満州とロシアの国境線付近で中国軍と戦闘してたらしい。


まぁそれとは関係ないんだが、訓練中に、友達の姿が急に「オプッ」みたいな奇声とともに姿が見えなくなったそうなんだ。
ちなみに訓練してた場所は収穫時期をすぎて更地になってる田園地帯。

いったい何処に消えたのか?と不思議に思って小脇を見てみると、そこには妙に茶色くアンモニア臭のする液体が溜まっている井戸のようなものが…。

当然友人はクソミソまみれでみんなも引き揚げるのにも難儀したそうだが、何とか引き上げるのに成功した。

もちろん、訓練の進行の妨げをした友人は鉄拳制裁なのだが、あんまりにも汚いので上官も殴るに殴れない。
というか触りたくない。

そんなシュールな光景を目の当たりにしてじーちゃんらは必死に笑いを堪えていた。

しかし、じーちゃんが噴き出すや否や皆一斉に笑いだしてしまい、結局みんな上官に鉄拳喰らったそうだw


ちなみそのときジーちゃんは引きあげに協力したせいでクソミソになった挙句、何故か二回殴られたらしく、いまだに根に持ってるww

長文スマソ
Posted by at 2007年07月04日 17:10
俺の爺さんは工場で飛行機作ってたって言ってたなー。でも結局兵士足りなくて特攻に徴兵されたけど、出撃の3日前にポツダムだとwww
爺さんは死ねなくて残念って言ってたけど俺としては生きててくれて嬉しいよ
Posted by at 2007年07月04日 17:28
うちのじーちゃんも勿論戦争に参加したが。
ロシア人と結婚したんだよなあ。こういうの見てると、よく結婚できたなあと思う。

そういやじーちゃん、軍隊に「アッー!」な人がいた話をしてくれたなあwwww
自分は関わってないってのをやたら強調してたが。
Posted by at 2007年07月04日 18:30
うちの母方のひい爺さんは日中戦争勃発直後、便衣兵(民間人に化けた兵士)に殺された。陸軍でも結構上の役職だったらしく、実家には勲章が沢山飾られてる。

父方の爺さんの兄は、ニューギニアで死んだとか。終戦して数年後、庭にその人の幽霊が立っているのを爺さんが目撃したらしい。
Posted by    at 2007年07月04日 18:55
俺のじいさんは、インパール作戦にいったそうな。けっこうすごい戦闘で帰ってこれたのは、ほんの一握りだったんだと。
腹と腕の銃弾の後がすごかったなぁ。
もっと聞いとけばよかった・・・・
Posted by 長 at 2007年07月04日 19:40
爺ちゃんに会いたくなった
Posted by at 2007年07月04日 20:37
じーちゃん疎開先から友達と脱走してきたらしい
脱走は成功したものの友達が機銃掃射で尻を撃ちぬかれてその場で手術
もちろん麻酔無しで
じーちゃんは町工場の社長やって4年前ガンで死んだ
友達はまだまだバリバリ働いている
Posted by at 2007年07月04日 20:59
俺のじいちゃんは大陸の内陸部に行ったみたいだ。
そこで、無二の親友を得たらしい。
が、爆撃を受けて部隊は壊滅、親友は戦死、
じいちゃんも尻の肉を殆ど吹っ飛ばされて半死半生に。
親友に残された妻と子を頼むと遺言され、終戦後親友の妻を捜し出して結婚。
じいちゃんはいいとこのボンボンだったので、子持ちの戦争未亡人との結婚に家族が猛反発。
引き裂かれそうになって、東京から田舎へ駆け落ち。
そうしてその後産まれたのが、俺の母親。

今年の4月に、老衰で亡くなった。
とんでもなく短気で頑固だったが、優しい人だった。
Posted by at 2007年07月04日 21:14
俺のじいちゃん2人とも俺が生まれる前に向こうに逝っちゃったからじいちゃんとの思い出がある人がうらやましいな
じいちゃんたちが守ってくれた日本を俺も守れるように頑張らなくては
Posted by at 2007年07月04日 21:37
知人のじいさんはソ連に抑留されたのに
うまく立ち回って太って帰ってきたらしい。
Posted by at 2007年07月04日 22:16
うちの祖母さんは満鉄で働いてて、その弟さんが一時期蒋介石の通訳をやってたらしい。

どっちも満州にいたみたいだが、前線には全く縁が無かったようだ。
Posted by at 2007年07月04日 22:24
じーちゃん、ばーちゃんが元気なうちにいろいろしてあげよ。

ばーちゃんはぼけてきちゃったけど、まだ俺のことは覚えててくれてるし
Posted by at 2007年07月04日 23:53
満州組多いなw

母方のじいさまも満鉄の鉄道技師やってたらしぃ。
戦後はずっと国鉄勤めで、定年後に民間へ高給でスカウトされたけど「国鉄がよかった」ってずっとこぼしてて、すぐやめちまったらしい。
パトレイバーの榊班長みたいだな。
Posted by at 2007年07月05日 00:11
俺のお婆ちゃんの弟
補給部隊の隊長だったらしいけど
爆撃を受けて……

二階級特進してしまった。

今の日本を考えると悲しい
Posted by at 2007年07月05日 00:27
このスレ見た後の、今の日本への失望感は異常だね…。

この話をDQNどもにしたって、なーんにも思わないで、戦争?
すげーww銃とか使えんじゃね?wwwとか言いそうだ。



Posted by at 2007年07月05日 01:18
遠戚は行方不明とか戦死したりとか何人か要るけど婆ちゃんの兄弟は戦犯になっただけでいちおうひとりも戦死しなかった。
そのかわり戦後の貧困や過酷な労働がたたって弟や妹が半分くらい病死してしまったらしい。
そんな婆ちゃんも最近ぼけ始めて、ことあるごとに俺が死んだ末の弟に似ているというようになった。
いちばん仲がよく面長のハンサムだったらしいけど、最近おれがメタボリックになりはじめてから似ているといわれなくなってしまった。
Posted by   at 2007年07月05日 04:15
うちの父方のばーちゃんは長崎で被爆した。まあ程度は軽かったみたいだけど。あと母方のじーちゃんはフィリピンに行ってたけど、上官に気に入られて前線の方へは行かなかったらしい。その後病気で本国送還。

今はどっちもいないけど・・・
Posted by at 2007年07月05日 20:38
なんかに一番乗りして、旗つっ立ててキンジ勲章もらったとか。
もうちょい詳しく聞いときゃよかった
Posted by at 2007年07月05日 23:23
家のじーちゃん、戦地に行ったはいいが、結核持ちで病状悪化してたった一週間で強制的に家に帰らされたってよw
そんで今87才で元気に農作業してるわw
軽い詐欺だわなw
やっぱ当時、兵隊になりたくなかったから、医者目指してたってよ。
医者なら戦地でも安全らしい。
やっぱいつの時代も怖いのやだよな。
Posted by    at 2007年07月06日 00:44
俺のじーちゃんは戦争中に経理?を担当してたらしい。んでいきさつはわからんがシベリアに抑留されてたとか。線路とか作らされてたって聞いた。
Posted by at 2007年07月06日 01:07
俺のばーちゃんのお兄さんは予科練で、魚雷で特攻に行くのが整備不良で1週間伸びた間に終戦したそうだ。
それより上の兄さんはサイパンであまりののどの渇きにメチル飲んで死んじまったって・・・。
Posted by at 2007年07月06日 02:35
うちのじいちゃんも↑と一緒
志願兵で予科練やったって

でも取香行く前に終戦したんやて

今じいちゃんは癌と戦ってる
Posted by at 2007年07月06日 11:33
うちのじいさんは病弱で戦地には行かず
地元で鉄道員をしてた。入り婿で地元民でもないから、南方戦線にいった近所の同世代からはハブられてた。だから、仲が良かったのは、関東軍の情報将校で内地勤務の人だけだった。
Posted by at 2007年07月06日 12:46
うちのじいちゃんは弾除けとして最前列で戦った
Posted by at 2007年07月06日 15:13
うちのおじいちゃんは、自分も空襲で瀕死の怪我を負いながら、ガレキの下敷きになったアメリカ兵をみんなで助け出したって言ってた。
Posted by   at 2007年07月06日 15:47
俺の父方のじいちゃんは、シベリアに抑留されていたらしい。戦争の話を聞いておけば良かったな〜。

母方の曾じいちゃんと曾じいちゃんの弟は戦艦大和の乗組み員だったとか・・・。顔なんてもちろん知らないが、家の仏壇に大和と乗組員の写った写真がある。
Posted by s at 2007年07月06日 18:25
父方のじいちゃんは満州でソ連軍に捕まった後、戦争が終わるまでシベリアか北方領土で捕虜として働いてたらしい。

自分が生まれる間に死んじゃったけど。
Posted by   at 2007年07月06日 20:25
(`・ω・´ゞ
Posted by at 2007年07月06日 22:58
父方の祖父は満州で馬の世話係でなんとか戦線は回避できたけど日本に帰国後沖縄の本土上陸の戦闘地域に派遣され戦地に向かう途中で日本降伏宣言。

戦後まもなく満州を観光に行ってきたって言ってけど今ほど反日はなかった雰囲気で話してた。今の中国の反日は政府の戦後教育が問題なんだと改めて思った。おじいちゃん&ばあちゃんに会いたくなった。
Posted by at 2007年07月06日 23:59
うちのお祖父ちゃんはどっかの漁港で食糧兵をしていたらしい。
少なくとも食いっぱぐれないだろうという事でwwww
戦地に食料を届けて炊き出ししてたって。
Posted by at 2007年07月07日 11:58
俺の父方の祖父はフィリピンに出征していたらしいけど、そういう話をまったく聞いたりしないまま他界してしまったからなぁ・・・
両祖父母とも鬼籍に入ってしまってるけど、従軍慰安婦非難決議とかの話題を目にすると、この世代の名誉が汚されるのを感じてつらい気分になる。戦い抜いた結果がこれじゃ報われないよ。
Posted by at 2007年07月09日 00:59
うちのじーちゃんは俺が物心付いた時には既に
脳卒中で倒れたあとで喋れなかった(´・ω・`)
車椅子でばあちゃんに介護され、俺を見ると
何か言いたげな笑顔を返すだけだった。

豪農の長男だったから、戦争には行ってなかった
かもしれないけど、色々話を聞きたかったなぁ。
もう20年以上前に他界したけど。
Posted by at 2007年07月10日 20:24
うちの爺さん南方(ラヴァール)で司令部付きだったらしい。上官に怒られながら書いたまだ見ぬ婚約者(婆ちゃん)への手紙が今も残ってる。ほとんど黒く塗りつぶされてるけど・・・。
Posted by at 2007年07月10日 22:22
「死ぬ覚悟があるなら許可する」
これは惚れる
Posted by       at 2007年07月14日 16:55
俺のばあちゃん択捉人でさ、戦争で北海道に逃げてきたんだって。
それで爺ちゃんと結婚して子供産んで……なんちゅー恋愛ドラマだよwww
そいやばあちゃん、アメリカ好きなんだぜ。
……いや、『アメリカ』では無ぇな。
確かアメリカの大統領が日本占領を止めようとかなんとか言ったらしい。
因みにロシアはすっげ嫌ってるww

……この身体にさ、北方領土人の血が受け継がれてるのかな。
Posted by 名無しの七氏。 at 2011年01月29日 00:54
俺も今度ちゃんと聞こう。つっても、じいちゃんはまだ学生の、
しかも若いうちだったから戦地には行ってないらしいけどね。
でもいまだに、戦争の話すると悲しげな目になって、あまり話さないから、なんかあったんだろうな・・・
その点ばあちゃんからはよく聞いたなw満州で産まれたとか。
戦後食べたすいとんがめちゃくちゃうまかったって笑顔で言ってた。
Posted by at 2011年02月01日 01:12
自分の爺さんは米兵で通信兵だったらしい
Posted by at 2011年03月30日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46629951

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。